2022/08/16 09:00

帰省ルートを考える

私、30年ほどを高知県で過ごしておりますが、出身は滋賀県でありまして、これまで、お盆や正月にはほぼ帰省しております。

ここ2年ほどはコロナ禍であり、少し滞りがちですが、機会を作って実家に帰るようにしています。

高知に来た頃は、まだ高速道路も整備されておらず、高知~滋賀は概ね10時間くらい掛かっていたように思います。

本州側ではまだ山陽道が姫路~備前までしか開通しておらず、名神高速を通って国道2号バイパスなどを経由して姫路から山陽道、岡山付近はブルーハイウェイという自動車専用道路を利用し、開通したばかりの瀬戸大橋を通った後は、四国内の高速道路もほぼなし、国道32号で香川、徳島を経由して高知入りとなっておりました。

その後は、本州側、四国側それぞれで高速道路が順次開通し、明石海峡大橋もできてルート短縮され、現在は高速道路だけで行き来できるようになったため、最速で5~6時間弱となりました。

ただ、規制時期というのはどうしても渋滞が避けられません。
幸いにして、高知→滋賀 滋賀→高知の帰省のタイミングは一般的な流れとは逆なので、大きな影響は受けないんですが、大阪、京都あたりはどうしても渋滞し、20km、30km渋滞というのも当たり前の状況ではあります。

さてさて、今夏も帰省するところではあるんですが、一般的な帰省のタイミングと少しずれそうなので、モロに渋滞の影響を受けそう。

ということで、いつもと違うルートを通ってみることにしようと思います。
ルート

青が、いつも通るルートで、神戸、大阪、京都を経由します、絶対すごい渋滞です。

なので、今回は瀬戸大橋を通って山陽道、中国道から舞鶴若狭道を通り、福井へ、そして敦賀から北陸道で南下する赤ルートを予定しています。

距離にして約60km、時間では1時間程度の遠回りですが、青ルートの渋滞予測が3時間程度なので、赤ルートの方が早く着きそうです。

ほんの数年前までは、赤ルートの高速道路はまだ全線開通していませんでした、便利になったもんです。

予定通り走れるといいんですが。

===応援お願いします===

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村



アウトドアランキング


    このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

111

休日は出かけるのが基本!でも、ここ数年はコロナ自粛で外出制限どこにも行けず・・・県内を中心に、密を避けて遊べるキャンプにハマり中

ギャラリー
  • コールマン コクーンⅢ 最高峰シリーズは伊達じゃない!
  • 次回キャンプへのカウントダウン しかし・・・
  • 次回キャンプへのカウントダウン しかし・・・
  • ランドロックのデメリットを調べる
  • マイ暖の価格が1.5倍!
  • 橋の力
  • 四万十町の無料キャンプ場
  • 四万十町の無料キャンプ場
  • 四万十町の無料キャンプ場
最新コメント
楽天市場
アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: